おぢぞう〜梅ちゃん!言いたい放題!

福岡で中古マンション購入・中古住宅購入を検討している方へ経験だけに頼らず消費者ニーズに徹底的にこだわり、一般常識・既成概念を大切にしながらも、こだわり過ぎない、『夢実現のスマイル提案』をモットーに活動している株式会社レアル。その社長 梅崎(=梅ちゃん)のブログです。

梅ちゃんはどんな事を考えて、どんな事をしているのか、日常をほぼ毎日更新していきます。
どうぞ梅ちゃんブログをお楽しみ下さい。

日露戦争

ロシアから見た日露戦争

動画中で日露戦争開戦100年と言っていたので、多分、今から18年前の2004年に放送されたものだと思います。日露戦争といえば、いつも「二百三高地」「日本海海戦」との日本側からの視点ばかりで見てましたけど。ロシア側からの日露戦争の視点を見て衝撃を受けました。

まるで今起こっているウクライナ侵攻と余りに酷似していることに。まるで皇帝ニコライ2世=プーチン大統領のようです。血の日曜日事件、戦艦ポチョムキン事件、そしてロシア革命への流れ。もしかして、同じような歴史を繰り返すのかもしれません。

ただ、当時との違いで注視したいのは核兵器の有無。つまり、今ある一人の意思でボタンひとつで国が吹っ飛ぶ兵器の存在です。もし当時、核兵器が存在していて、ニコライ2世がシベリアで家族共々殺されると分かり、一発逆転で核兵器を使用する可能性は…。考えただけで恐ろしいです。

先日、業者さんにリフォーム工事発注したら「建築資材が手に入らないので、竣工時期は何とも言えない」との回答。戦争の影響が、ここ日本にも出はじめています。もっと深刻な事態にならないよう早期戦争終結を強く願います。そして、よければ、この動画を見てください。参考になると思います。がんばります!ではっ!


二百三高地

久しぶり映画『二百三高地』観ました。今、僕らが平和に暮らせるのは、先人たち命の犠牲の上に成り立っているのだ、と思い知らさました。もちろん、ナショナリズムを煽るつもりは毛頭ありませんし、ドラマなので劇的に描いているのは分かっています。ただ、日露戦争で旅順港を巡り大きな戦死者を出した事実は事実として捉えること。その上で、今起こっているウクライナ情勢を見て危機感を覚えます。

また、この映画はキャストが最高です。明治天皇に三船敏郎、伊藤博文に森繁久彌、乃木希典に仲代達矢、金子堅太郎に天知茂、山縣有朋に神山繁、児玉源太郎に丹波哲郎と錚々たる配役。更に、ロシアを信奉していた青年将校をあおい輝彦、それを日本で待つ婚約者を夏目雅子の名演技。要所で流れるさだまさしの「防人の詩」。現在では、もう、こんなスケールの大きな映画は撮れないのではないと思います。

一番印象的だったのは、たくさんありますけど。やはり、ラストの明治天皇に乃木希典が戦争の上奏文を読み上げるシーン。乃木希典が上奏文を読み上げていると、段々と手が震えて泣き崩れ、それに寄り添う明治天皇。私も涙が出てきました…。やはり、絶対に戦争はしてはいけません。ぜひ、観てほしい映画です。がんばります!ではっ!


プロフィール

梅ちゃん

月別アーカイブ
最新のコメント
福岡で中古不動産物件をお探しなら
QRコード
QRコード