おぢぞう〜梅ちゃん!言いたい放題!

福岡で中古マンション購入・中古住宅購入を検討している方へ経験だけに頼らず消費者ニーズに徹底的にこだわり、一般常識・既成概念を大切にしながらも、こだわり過ぎない、『夢実現のスマイル提案』をモットーに活動している株式会社レアル。その社長 梅崎(=梅ちゃん)のブログです。

梅ちゃんはどんな事を考えて、どんな事をしているのか、日常をほぼ毎日更新していきます。
どうぞ梅ちゃんブログをお楽しみ下さい。

ロケ地

夜を越える旅

KBCシネマで映画『夜を越える旅』を観てきました。これまで萱野監督の作品は観てきましたけど、これはこれで新境地を垣間見れる作品かと思います。

当初は、大学の卒ゼミ旅行なのかと思いきや、途中からハラハラドキドキの展開に。そして、衝撃のラストへ…。気になる方は、ぜひ映画館でお楽しみにください。オススメします。

また、上映後の舞台挨拶は映画を身近に感じられ良かったです。応援しています。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

おひかえあそばせ

プライムビデオで往年のホームドラマ『おひかえあそばせ』全13話を観ました。実は昔、石立鉄男が大好きで『パパと呼ばないで』『雑居時代』『水もれ甲介』の記憶は薄らあるものの、この『おひかえあそばせ』だけは全く記憶になかっただけに、いつか観たいドラマでした。

今回、第1話を観ると思わず次々と観たくなって、アッという間に最終話まで(笑)。それだけ、時代に吸い込まれるように、自分の当時の記憶と照らし合わせていたのかもしれません。ダイヤル式電話機、電気ポット、炊飯器、カラーテレビ等々。携帯電話もパソコンもない生活。今じゃ考えられないですけど、当時はこれが普通でしたからねぇ…。

また、ストーリーは6姉妹と父親が男性同居人と繰り広げる人情ドタバタ劇。印象的なところを列挙すると…

仝沈溢れる6姉妹。特に宮本信子演じる「キャップ」こと次女梅子。後に石立鉄男演じる小早川薫と良い仲になります。ただ、なぜ途中から髪を染め短くなり雰囲気が変わったのか?謎でした。正直、前の方が良かったですけどねぇ。

⊆膺邑の小早川薫。本音は優しい性格なんだけど、照れ臭く素直に出せなず誤解さえる人情味溢れるシーンが大好きです。やはり、これは石立鉄男じゃないと出来ない役でしょう。

I秧討海斑太郎。そもそも退職金で同居人付の家を購入したことから話しがはじまります。真面目なサラリーマンの鏡で、若くして妻を亡くし6姉妹を育て幸せを願い振舞う姿は感動ものです。夜吹く尺八は見事です。

とにかく、今の若人に観てもらい、生まれる前の昭和を知ってもらいたいですねぇ。ただ、以前を美化するだけでなく、ちゃんと今の目線で検証してほしいとの思いです。必ず感じるものがあると思います。ぜひオススメのドラマです。がんばります!ではっ!

映画「猫の記憶」クランクアップ

エッ!同級生がニュースに出てる!しかも、私が愛する糸島で早見優さんが撮影していたなんて…。会いたかったです(笑)。公開されたら、ぜひ観に行きたいと思います。関係者一同お疲れ様でした。がんばります!ではっ!


映画 断捨離パラダイス エキストラ出演

映画『断捨離パラダイス』のエキストラで撮影現場に行ってきました。正直、前日に頼まれたので、何をするかも分かってなかったのですが、行くと大詰めの大事なシーン。多分、ここでの撮れ高が映画全体へ影響大なのでしょ。何度か撮り直し中々監督からOKが出ず。現場には、少し緊張が走ってましたねぇ。

とはいえ、和やかな瞬間もあったりで、決してピリピリした感じではなく、みんなで良い作品をつくるんだ!との意思の表れ。スタッフさんは配慮が行き渡りテキパキと動き、クランクアップした俳優さんは花束をもらい「終わりたくない」と言ってました。

これまで、萱野監督さんの作品を観てきましたけど。今回は有名どころのキャスティング、断捨離とのタイムリーなテーマなので、ぜひ全国的にヒットしてほしいですねぇ。監督はじめスタッフの皆様も、きっと手応えを感じていることと思います。公開が楽しみです。エキストラで呼んでくださり、ありがとうございました。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

最高の人生の見つけ方

以前から観たかった映画『最高の人生の見つけ方』観ました。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンのリメイク版で、吉永小百合と天海祐希が2人の女性を演じています。

家庭一筋に生きてきた主婦の幸枝と企業を率いるスーパーウーマン女性社長マ子が病院で出会う。余命宣告を受け人生に虚しさを感じた2人は、入院し亡くなった少女(実は亡くなってなかった)の「死ぬまでにやりたいことリスト」を偶然に手に入れ、その全項目を実行するために2人旅に出る…。

印象的なシーンは…
・スカイダイビングをする
・ももクロのコンサートに行く
・日本一大きなパフェを食べる
・ウエディングドレスを着る

幸枝の家族が余命宣告を知り、これまでバラバラだった家族がひとつになる。そして、マ子が亡くなり幸枝は財産と遺書を受け取る。ラストに書かれた「宇宙旅行をする」は果たして実現するのか…。

何か…以前の映画で若い頃の吉永小百合さんを観ますけど、正直、今の吉永さんの方が一番魅力的で大好きですねぇ。引きこもりの長男にドア越しで訴え話しかけるときの震える指の演技は忘れられません。あっぱれです。

私はNPO活動で終活をススメています。その中で、最近は「余活」つまり「余生を楽しむための活動」もススメています。まさしく、これは「余活」そのものですねぇ。今後の活動へのヒントになりました。とにかく、多くの方に観てほしい映画です。がんばります!ではっ!



ライオンのおやつ

録画して再放送を一気に観ました。日頃からNPO活動で終活支援をしているので、これまでの過去とリンクしてか、涙が止まりませんでしたねぇ…。

若くして余命宣告を受けた主人公雫は、瀬戸内の島のホスピス「ライオンの家」で残りの日々を過ごすことを選ぶ。ホスピスでは、毎週日曜日、入居者がリクエストできる「おやつの時間」がある。人生の最後に食べたいおやつは何ですかー。そこで、なかなか選べない雫。素晴らしい仲間たちとの出会い、家族との再会と別れ、仲間たちを見送り、そこで改めて振り返り命の意味を再度考える。食べて生きて…雫は、この世から旅立つ。感動の物語です。

先日、福岡子どもホスピスさんの事務所にお伺いしました。そこで事務局員さんに言われた印象的な言葉「ホスピスは看取りの場所ではありません、子どもたちが活き活きと生きる場所なんです」と。きけば、その事務局員さん、自らが子どもを亡くされた親のひとり。こうしている間にも、病院では子どもたちが亡くなっている、福岡県で年間約50人だそうです。

全ての人にいつかは訪れることと分かっていても、自分がその場に立ったら、果たしてチャンと向き合えるだろうか…少し不安な自分もいます。考えさせられますねぇ。その時は、このブログだけは残しておいてほしいものです。ぜひ、たくさんの方に観てほしいドラマです。がんばります!ではっ!


東京ラブストーリー

いやはや、これは懐かしい、BSで『東京ラブストーリー』を観ました。ポイントで流れる、小田和正さんの“ラブストーリーは突然に”は最高です。しかも、受話器や公衆電話をみるだけで、時代を感じますし。
ドキッとするようなストレートなセリフ、今だったら完全NGでしょ。

それと、不思議なのは…。本放送当時は、完全に永尾派・関口派だったのですが。今みていると、いつの間にか、三上派・赤名派になってますから。モジモジしてハッキリしないより、スパッと割り切った方がいいと思いますねぇ。

でも、やっぱり恋愛で大切なのは、ファーストインスピレーションですねぇ…。これは、不動産での物件との出会いでも、全く同じですから。その意味では、この物語を仕事に置き換えて見てみるのも、面白いかも(笑)。ともかく、ストーリーは知ってても、新鮮な気持ちになって観たいと思います。がんばります!ではっ!

プロフィール

梅ちゃん

月別アーカイブ
最新のコメント
福岡で中古不動産物件をお探しなら
QRコード
QRコード