おぢぞう〜梅ちゃん!言いたい放題!

福岡で中古マンション購入・中古住宅購入を検討している方へ経験だけに頼らず消費者ニーズに徹底的にこだわり、一般常識・既成概念を大切にしながらも、こだわり過ぎない、『夢実現のスマイル提案』をモットーに活動している株式会社レアル。その社長 梅崎(=梅ちゃん)のブログです。

梅ちゃんはどんな事を考えて、どんな事をしているのか、日常をほぼ毎日更新していきます。
どうぞ梅ちゃんブログをお楽しみ下さい。

ソ連

ゴルバチョフ元大統領死去

元ソ連のゴルバチョフ元大統領が死去とのニュース。91歳だったとのこと。僕ら世代は、元大統領というよりゴルバチョフ書記長ってイメージ。一つの時代が終わったことを実感しますねぇ…。

80年代後半、殆ど情報のない闇国家だったソ連書記長に就任したのがゴルバチョフ氏。ペレストロイカを推し進め、ベルリンの壁崩壊からソ連崩壊の激動時代を主導しました。

過去を精算し勇気ある英断を下し、実践する姿は本当に頼もしくて。個人的に大好きな政治家でした。心よりご冥福をお祈りいたします。

戦争は女の顔をしていない〜アレクシエーヴィッチ著

NHK番組の100分de名著は大好きで録画して観ていますけど、今回のアレクシエーヴィッチ著『戦争は女の顔をしていない』。もちろん、今のウクライナ情勢を鑑みての再放送でしょうけど、それにしてもリアルな内容に衝撃を受けました。

先ず、第二次世界大戦のソ連軍に約100万人の女性兵士がいたことにビックリ。しかも、戦場で一番嫌だったことが、死への恐怖ではなく、男もののパンツを履くこと、との感覚…これこそ通常の人間の感覚ではありません。残虐非道な殺し方や敵国女性へのレイプ。男兵士の女性を人間として扱わない横暴さ。しかも、未来ある子供たちを楽しみながら殺す。余りの生々しさに唖然とするばかり。とはいえ、戦場での恋。戦争が終われば、連れて終わる短い恋も描かれて、少しホッともしたり。ただ、戦争から帰還してきたら、待っていた差別。兵士だったことを隠して生きていくしかなく、一緒に戦場で戦った男性兵士も帰還後は助けてくれなかった。本当に悲しいです。

とにかく、国家が個人に犠牲を強いるナショナリズムが酷い。人生も青春も全てを国家に捧げて、道具のように命を捨てていく。正しく、今、ウクライナ侵攻でロシア軍が行っていることではありませんか。第二次世界大戦から、何も変わっていない学習していない社会。本当に、地球破滅の道を歩んでしまいます。この『戦争は女の顔をしていない』は、ペレストロイカ後に出版され、彼女自身は2015年にノーベル賞文学賞を受賞しています。日本では、漫画にもなっているそうです。とても考えさせらました。がんばります!ではっ!


チャイルド44 森に消えた子供たち

スターリン政権下でのソ連、余りに知らないことだらけ。「殺人は資本主義ので病いである」とのスターリンの言葉の下で、次々と子供が殺される凶悪事件が事故として処理されていく恐怖。誰も真実を追求しようしない、すれば待つのは死のみ。そこには、情報は遮断され飼い慣らされていく人々が。しかし、主人公のレオはカッコいいですねぇ〜。また、仕方なく結婚した妻ライーサも段々とレオに心許していく様も見応え充分。そして、感動のラスト。今のウクライナ情勢を知る上でも、参考になるオススメの映画です。がんばります!ではっ!


赤い闇 スターリンの冷たい大地で

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』観ました。これが実話をもとにした伝記映画だと知って、驚きと悍ましさで胸がいっぱいになりました。ウクライナの人たちが命をかけてロシアから国を守る姿は、ホロドモール等の歴史に裏付けされたものだと、分かりました。つらい出来事です。

ただ、告発したガレス・ジョーンズ記者が次に向かった先は満州。そこで拘束されて若くして亡くなったとのこと。これには、日本が関わったかも…と疑ってしまいます。もしかして、同じようなことを日本がしていたとしたら、とても残念に思います。

なぜかスターリンとプーチンが重なります。もうソ連は戻ってきません。殺人を肯定するのが戦争です。世界平和を願います。


プロフィール

梅ちゃん

月別アーカイブ
最新のコメント
福岡で中古不動産物件をお探しなら
QRコード
QRコード