テレビドラマ「三国志 Three Kingdoms」95話、全て観通しました。かつて吉川英治の「三国志」に心酔し熱中したことがあり、その記憶と比較しながらだったので、今回より三国志の知識が深まったと思います。

先ず、この配役は見事。曹操(もっと美男子)・呂布(もっと大男)意外は、本当にイメージ通りで、特に劉備・関羽・張飛・諸葛孔明はそのままそっくりって感じです。ストーリーは知りつつも、当事者のような気持ちになって楽しませてもらいました。

また、国の衰退と新たな新興とその末路を壮大なスケールで描いていて、これは現代でも充分に通じる教訓とし生かせます。董卓と貂蝉、曹操の村皆殺し、呂布の最後、官渡の戦い、劉備の放浪、赤壁の戦い、荊州争奪、関羽の死、魏の成立、曹操の死、夷陵の戦い、劉備の死、出師の表、蜀の北伐、孔明の死、司馬懿の台頭。欲をいえば、劉備の死以降は話しの流れが早く、蜀の南伐で孔明と孟獲との部分がなかったことは少し残念でした。

最後は、司馬懿の孫司馬炎が晋を建国し三国は統一される訳ですが。どこか虚しさが残り「結局、勝者は誰だったのか?」と考えてしまいます。ともすれば劉備に傾倒しがちですが、漢再興できず亡くなりましたし。あえて言えば、曹操や孫権は、勝者といえば勝者でしょうねぇ。つまり、勝者のポイントは長生きでしょう。日本の例では、徳川家康や伊藤博文。当たり前のことですけど(笑)、これに尽きると思います。

また、個人的に好きな人物は…絞って絞って、荀・魯粛・趙雲でしょうか。経営者としては、こんな有能な人を脇に置いておきたいですねぇ。とにかく、明日から三国志の放送がないと思うと寂しい限りです。でも、とても良い勉強になりました。今後の経営判断に活かしたいと思います。日々精進!がんばります!ではっ!