今日は、物件査定依頼で現地へ。地形、日当たり、高低差、道路状況、境界杭の有無、インフラ整備、周辺環境等々。机上では分からない色々なことを想定して情報収集します。そして、何より大切なのは、物件の一見隠れた評価されるべきポイントをピックアップし、相対的な視点のみにこだわらず絶対的な視点でも価格に反映すること。

路線価、固定資産税評価額、過去の成約事例で査定するのは、正直、誰でもできます。悪いですけど、それでは到底プロとは言えないです。僕らは、単に不動産を売買するのみではありません。不動産を通りして人の歴史を伝達継承する仕事。つまり、その科学的な遺物を次代へ引き継ぐ結節点に立ち会い関わる伝道師のような存在だと思っています。

「売りたいけど何からどうしたらいいか分からない」そんな声をよく聞きます。先ずは、お気軽にご相談ください。点でなく線も含めてアドバイスができるかと思います。人生で不動産売買なんて、通常は一度か二度。しても数度でしょう。関わった人が一人も後悔しないよう使命感をもって取り組んで参ります。がんばります!ではっ!


FullSizeRender