日本福祉大福岡オフィスの方から「卒業生が主役で映画に出るんですよ!ぜひ観に行ってください!」と薦められた映画『37セカンズ』。

早速、試写会で観てきました。いやはや、これは他に類のない映画です。先ず、主役佳山明さんの覚悟決意と訴えてくる迫力たるものや。そして、突きつけられるキレイゴトで済まされない現実。それらを隠し立てする事なく、透明に赤裸々に表現していて。でも、観終わって清々しい気持ちになりましたねぇ。

公開前なので内容は控えますけど、「だから、37 Secondsなんだ」と思う内容。ぜひ広く多くの人に観てほしい映画です。見応え充分、オススメします。がんばります!ではっ!