映画『フォードVSフェラーリ』試写会へ。初IMAXで観ましたら、カメラが走行中の地面スレスレのアングルでスリル満点。無茶苦茶ドキドキしました(笑)。

特筆すべきは、ケン・マイルズ役クリスチャン・ベールの演技。顔アップの映像でも、微妙な動きで背景や心内を表現する力は見事でした。最後は、結局こうなる…との衝撃ラスト。

ただ、まだ公開前なので、余り内容は触れないようにしますねぇ(笑)。ともかく、レーシング好きにはたまらない映画だと思います。お楽しみに。がんばります!ではっ!