100分de名著、大江健三郎『燃え上がる緑の木』。放送観ました。自分のいのちよりもあなたのいのち、言えますかね…。背負い背負われる、支え支えられる。どっちが主体でどっちが客体か。現実、大江健三郎氏が障害をもって生まれた光さんとの人生で発見した事なのかもしれません。

ギー兄さんとは?人はなぜ、土地に縛られる事で排外的な行動になってしまうのだろう。最後、シンボルである大檜を焼き投石を受け亡くなってしまう、ギー兄さん…。

キーワード“繋ぐ”。人生は輪廻転生。リジョイス!人生、大いに楽しみましょう!がんばります!ではっ!