久々に観ました。やはり傑作ですね〜。思わず観入ってしまいました(笑)。この迫力臨場感、まるで戦国時代に戻って覗いている感覚になって。「勝ったのはあの百姓たちだ、わしたちではない」とのセリフには痺れました。流石、世界の黒澤監督です。

と思いつつも、気になるのが、当時から格段にアップした現代の撮影技術。もしかして、これから先、逆に評価が埋没し、歴史の棚に蔵ってしまう気がします。


刻まれた、懸命に作った証、懸命に生きた証。私なんて、我欲を払拭できない、ちっぽけな人生ですが、少しでも学び取り入れたいと思います。がんばります!ではっ!