テレビで観ました…。赤鼻先生の副島君よりおしえてもらったパッチ・アダムスの映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』。内容は精神病入院を経て一念発起し医者になる為に医大を卒業するまでの話し。医者の立場や感覚がよく表現していて、また様々な出来事で問題が浮き彫りにされていく中で、気付けば奮闘するパッチ・アダムスを自然と応援していました(笑)。確かに、いくら良い治療を開発しても患者が受け入れないと何もはじまりませんからね〜。どうしても押し付け気味になりがちですし、ごちゃ混ぜに考えがちですし…。それと感じたのが、ある意味異常なまでの御節介やき(笑)。何事もほっとけないん性分なんですよね〜。とりわけ、感動のラストは必見ですよ。きっと、誰でも自分の身に置き換え考えられると思います。素晴らしい映画です。オススメします。何か勇気とパワーをもらった感じです。サッ、今月も残り僅か。パッチ・アダムスの様に笑顔を忘れずに!がんばります!ではっ!