1

























今日は、良い天気だったので、歩いて西公園に行ってきました。久しぶりに来ましたけど、相変わらず、駐車場にはサボった営業マンの車でいっぱいで。まっ、福岡市民の憩いの場ですから、よしとしましょう…。


2

























園内には、数ヶ所の展望台があります。ここは、一番ちゃんとした中央展望台。しかし、眺望はあまりよくありません。


3

























東展望台より。ここからの眺望が一番です。昔は、荒戸山とよばれ、博多湾の入口に位置する重要な場所だったに違いありません。しかし、今や埋立ててしまって、コンビナートが立ち並んで…。しかも、ヤンキー風お姉さんたちが屯っていますし。


4

























公園内は、坂ばかり。でも、よく整備されていて。すごく良い雰囲気でしたねぇ。木々の囀り・時折吹く風が心地よかったです。


5

























加藤司書歌碑。“皇御国の武士は いかなることをか つとむべき ただ身に持てる 真心を 君と親とに 尽くすまで”戦前は、小学校唱歌として知られていたそうです。維新後も生きてくれていたら、もう少し福岡の未来も変わったでしょう。乙丑の変による粛清がなければ…、と思います。


6

























母里太兵衛像。黒田節であまりにも有名。酒を一気に呑み干し福島正則から名槍日本号を褒美としてもらった瞬間に居合わせたかったですねぇ。黒田武士のヒーローです。


7

























光雲神社。黒田如水と黒田長政を祀った神社です。ここは気張って、お賽銭を入れて、お参りしてきました。ご利益ありますように!


8

























最後に平野国臣像。この人も維新後にいてほしかった人物。結局、誰もいなくなって、福岡藩が立ち遅れてしまいました…。しかし、不思議なのは、なんで福岡を舞台にした大河ドラマをしないんでしょうねぇ…。坂本龍馬もいいですけど。先ずしてほしいのは、黒田如水。もしかしたら、天下を取っていたかもしれないんですから。NHKさん、お願いします。

ということで、福岡で生まれ、福岡で商売をする者としては、この地の歴史に学び、この地を守ってくれた先人を敬うことは大切なことです。有意義な一日でした。頑張ります!ではっ!