連日、報道される年金記録問題。…どうにかならないでしょうかぁ。問い合わせが、殺到するのも当然でしょ。これまで、何十年も払い続けたにもかかわらず、いざ社会保険庁に確認してみると、記録がありません!って言われて門前払いではたまりません。

でも、擁護する訳ではありませんが。仕事上、日頃より、社会保険事務所には、ちょくちょく出入りしていますけど、職場は、報道されているような堕落した雰囲気ではありませんけど…。個人的には、しっかり対応してもらっているので、特に問題は感じてません。

勘ぐるのも変ですが。安倍首相の菅さん批判等々の動きを見ると、迫ってきた参議院議員選挙での政争の道具にされているだけなのでは。もしかして、あれだけ連日テレビを賑わせていたのに、選挙が終った途端、パタッと報道されなくなったりして。

ともかく、年金問題は、不動産建築業界の動向をうらなう上でも重要な問題。実感としてあるのは、個人年金代わりに投資用物件を所有する方が増えてきていること。今の問題もそうですが、近い将来、世代交代した際の年金のあり方についても、真剣に議論するべきだと思います。