夢と希望を持ち、意気揚々と入社したものの、会社から、何ら根拠のない売り上げノルマを押し付けられることで、常に緊張の中で働き続けることを余儀なくされ、果てには、自分自身がクタクタになってしまい、疲れ果て、結局、働く目標自体も見失って、会社を辞めてしまう、…こんな話し、聞いたことありませんかぁ。

確かに、会社が存在し、かつ、売り上げがないことには、社員の給料は、もちろん出ませんし、仮に、そうなれば、途端に生活することもままならない状態に陥ります。でも、だからといって、企業を残す為、人は切られもいい!とはなりませんし、冷静になって、よくよく考えてみると、社員には厳しいことを言う反面、自分は高級マンションを購入したり、ベンツに乗ったりする経営者がいたりして…。

そうなんです。結局、会社って、社員が生産する剰余価値を経営者が搾取しているのでは?このような疑問が頭から離れません。だからです。当社では、訳の分からない売り上げノルマは到底ありません。ただし、その代わり、社員には…。お客様に対して、良い物件と思う時、そのまま良いと言いいなさい!悪い物件と思う時、そのまま悪いと言いなさい!と言ってます。更には、経験しているとか、知っているとか、は二の次にして、常にお客様の目線に立って、汗をかいて、一生懸命考え動いてあげなさい!と言ってます。

それで、世間が認めてくれなければ、売り上げは伸びないでしょうし、当然、会社なんて、アッという間に無くなってしまうでしょう。でも。それで、いいんだと思います。決して、会社を無理矢理に残す必要はないのですから。会社とは、人が、人の感情や行動が、たまたま“会社”という形になっているだけのこと。会社と社会は表裏一体。これからも、レアルは、そんな会社であり続けたいと思ってます。