【耐震偽装事件、姉歯被告、金のため人命考えず】とのニュース。

我々は、何の為に仕事をしているのでしょう。金が優先され人命が蔑ろにされる。これは、完全に本末転倒でしょ。でも、分かっていても、そうせざるをえない状況だったのかもしれませんけど。(決して、姉歯被告を弁護している訳ではありません)

ともかく、この耐震偽装事件。未だ、何が真実なのか、誰が悪いのか、さっぱり解りません。ただ、建築業界に存在する元請と下請けとの関係は、経験上、だいたいの想像はつきますけど。私的に考えてみての意見ですが、関わった人や会社は、少なくとも責任はあると思います。

だからこそ、みんなが、一刻も早く、真実を語り、真相を徹底解明するように努めるべき。そして、一刻も早く、業界の悪い風習は、一掃されるべき。…今は、耐震偽装への対応が終わる前に、東京に大地震がこないことを願うことしか出来ない、自分の無力さを恥じるばかりです。。。

【1年前のブログ】不動産住宅営業のススメ癸供遡斉へのその2〜
【2年前のブログ】物件案内
バナー

≪ログハウス村内、温泉権利付き!湯布院別荘用売土地物件特集!≫