【国交省、全建築士に講習義務付けへ…再試験は断念】とのニュース。

これは難しい問題。以前は、建築士自体が少なく、免許を取得後に自分で事務所を開く方も多かったように記憶しています。ただ今は、これだけ建築士の数が多くなってしまい、事務所を開設しても、なかなか経営が成り立たないと聞きます…。

そこにきて、再度試験をして成績が極端に悪かったりした建築士は、資格取り消しも含めた処分の対象とする方針を聞けば、それはみんな反対すると思います。だから、結局、講習に切り替えたのでしょう。

私が最も言いたいのは、国交省の今回の対策では、何ら耐震強度偽装問題は解決しない!という事。先ずは、国交省自身が自らの責任を認め、自らの改革をしてからの話し。殆どの建築士は、真面目で立派な人ばかりなのですから。(決して、肩をもっている訳ではありません)

何でも、仕事が資格で判断される最近の風潮。それ自体が、ハートの無い仕事の空洞化を生んでいるのではないでしょうかぁ。耐震強度偽装問題、もっと、根本的な問題だと思います。

【1年前のブログ】不動産住宅営業ススメ癸
【2年前のブログ】台風10号
バナー

【お勧めの賃貸物件情報】