年金不正免除、小泉首相、川崎厚労相ら怒り隠さずとのニュース。
驚きます。納付率アップする為に“分母減らし”?!とんでもないですねぇ。私は、厚生年金ですけど、毎月、社員の分も含め、かなりの金額を納めています。本音、免除できるんだったら、即、して欲しい位です。そのお金は、必要もない施設や社会保険庁職員の私的流用金等として、湯水のように使われているのですから。

そもそも、小泉さんの民営化自体に問題があるのでは???保険界では、営業の鬼とまで呼ばれた村瀬長官が就任しても、全く解決しない現実が明確に物語っているじゃないですかぁ。正直、就任前より、更に悪くなっている気がします。よく考えてみて下さい。突然、首を挿げ替えただけで、今まで何十年も働いてきた職員が、一瞬にして意識を変え「ハイ!ワカリマシタ!」なんて言う筈がありません。みんな、それなりのプライドを持って生きているのですから。

今回の最大の誤りは、成績主義・ノルマ主義を徹底したこと。確かに、民間では通常、当たり前のようにされていますけど、それは、あくまでビジネスでの世界。お客さんがイヤだったら、買わなくてもいい世界なんです。これは、あくまでも私個人の考えですけど。。。お客さんが、その価値を認めて、はじめて対価を払い、結果、剰余が生まれるのがビジネス。つまり、ゼロからプラスの仕事をしているので、その仕事に対して報酬があっても、至極当然だと思います。

その反面、年金は、誰もが払う“義務”なんです。日本国民なら誰でも。払って当たり前であって、その未納を回収する仕事は、マイナスをゼロにするだけのこと。元々、マイナスなのに、何で成績やノルマが関係するのでしょうかぁ。やはり、保険会社での経験に基づいた方針を、そのまま社会保険庁に持ち込んだのが、よくなかったのでは。。。その意味では、情勢・環境分析は、事を運ぶに当たり、生命線なのかもしれません。

とにかく、ハッキリして欲しいのは、このまま社会保険庁を続けるのか、それとも、無くすのか、ってこと。それと、年金の明確な使い道。テレビで言ってましたけど、もう税金といっしょに集金したらいいんじゃないんですかねぇ。社会保険庁は歴史的役目を終えたと思われても仕方ないのでは。。。そして、年金の使い道に関しては、ぜひ、公共の福祉の為に使って欲しいと切願します。人として平等に生まれたにも関わらず、平等に暮らせない人の為にも。。。そうしたら、喜んで年金を納めますし、働く意欲も一層湧いてくると思います。もっと、根本的に未納問題が無くなる方針と行動が、今こそ、求められています。

“一年前のブログ:レッサーパンダの風太くん!認知度70%!”
バナー

賃貸物件お探しの方へ『れあるお勧めの賃貸物件情報』