POPポールが離婚との報道にびっくり。数年前にリンダを亡くして、その後、再婚したと聞いて嬉しく思っていたんですけど。何か、原因があったのでしょう。こればかりは、夫婦にしか分かりませんからねぇ。残念です。
さてさて。今回、ご紹介したいアルバムは、離婚で話題のポール・マッカートニーの『パイプス・オブ・ピース』。ビートルズファンにおいては、ジョン・レノンが一番人気だと思いますが。私は、正直、ポール・マッカートニーの方が断然好きです。ビートルズ解散後もウイングスとして第一線で活躍してきましたが、とりわけ、ソロ活動になった『パイプス・オブ・ピース』頃の時代が良いですねぇ。力が抜けた楽曲が多く、音楽を楽しんでいる感じは、気軽に聴けますし親しみやすいです。
このアルバムのどれも良い曲なのですが、中でもイチオシは、「ソー・バッド」。人間の素直な心情を歌っている感じで、聴いていると落ち着きます。高校生の時、受験勉強中に何度も聴きましたよ。確かに、マイケル・ジャクソンとのデュエット曲「セイ・セイ・セイ」もいいんですけどねぇ。とにかく、機会があれば聴いてみて下さい。

“一年前のブログ:ワールドビジネスサテライト 「 バブル再来マンション投資ブーム」”
バナー

賃貸物件お探しの方へ『れあるお勧めの賃貸物件情報』