おぢぞう〜梅ちゃん!言いたい放題!

福岡で中古マンション購入・中古住宅購入を検討している方へ経験だけに頼らず消費者ニーズに徹底的にこだわり、一般常識・既成概念を大切にしながらも、こだわり過ぎない、『夢実現のスマイル提案』をモットーに活動している株式会社レアル。その社長 梅崎(=梅ちゃん)のブログです。

梅ちゃんはどんな事を考えて、どんな事をしているのか、日常をほぼ毎日更新していきます。
どうぞ梅ちゃんブログをお楽しみ下さい。

2020年11月

マイク・タイソン復帰戦

マイク・タイソン復帰戦、結果どうなったかな…と思いチェックするとドローでした。ホントは勝ってほしかったですけど、これはこれで「丁度いい」のかも知れませんねぇ〜。

ただ今回、一番驚いたのが、なんとタイソンと私、同じ1966年生まれの54歳だった事です。あの厳つい顔は、絶対に歳上と思っていました。というか、これまでタイソンの年齢を気にした事がありませんでしたから。

でも、54歳であの体あの動きは凄いです。私なんて、昨日、大阪の梅田界隈を歩き階段を上っただけで息を切らしてしまいました。やはり、コロナで出不精になり、余り体を動かないのは良くないですねぇ…。

明日から12月突入。健康管理も仕事のうち。正月までに少し運動してダイエットしたいと思います。がんばります!ではっ!

タクフェス舞台『くちづけ』千穐楽公演


コロナ厳戒態勢の中、福岡から大阪へ日帰り強行スケジュールにて、タクフェス舞台『くちづけ』千穐楽公演に行ってきました。

やっぱり、宅間さんの才能は凄いです。5年前の舞台より、更に進化した内容で、新たなシーンも増やされていて、より分かりやすくなっていました。

金田明夫さんの迫真演技はもちろん、柴田理恵さん、かとうかず子さん、斉木しげるさんは安定の演技で、見ているこちらがホッとする存在感。

また、小島藤子さんのマコちゃん、松田るかさんのはるかちゃん、倉田茉美さんの智ちゃんは、忠実ながらも個性的な演技が見事で、多分かなり苦労されたのでは…と思います。

そして、松村龍之介さんのオネェ酒巻くん、はるはるさんの新体操には、お腹を抱えて笑い。他のメンバーも一丸となり、みんなで舞台をつくってきたことに感動しました。

ただ、宅間さんのうーやん役は今日で見納めと思うと感慨深いものがあります。5年後に再演するとの事でしたけど、うーやん役を誰がするにしても相当なプレッシャーがかかると思いますよ。でも、それはそれで楽しみですけど(笑)。

とにかく、笑って泣いて感動の舞台『くちづけ』最高でした〜。本当に、本当に、本当に、ありがとうございました。来年の新作公演、楽しみにしています。次はぜひ福岡にも来てください。お疲れ様でした!がんばります!ではっ!

IMG_9818

愛と死をみつめて

観ました映画『愛と死を見つめて』。大学生マコ(浜田光夫)と病気に冒され21歳の生涯を閉じたミコ(吉永小百合)との純愛物語。これは胸が詰まりグッときましたねぇ。

病院で出会った互いに阪神ファンの若い二人。離れてからも、電話や文通で励まし心を通わせるが、病気は進行しマコは顔の半分を失う。それでも、将来を夢見て語り合う変わらない二人の愛。ただ、ミコは次第に自らの死期を意識するようになる。

中でも、印象的だったシーンを列挙すると…

‘韻孤村爾凌佑ら創価学会の勧誘を受けるが、ミコとの愛を貫くことが心の支えとキッパリ断るシーン。

▲潺海夜な夜なマコを思い、映画『禁じられた遊び』の「愛のロマンス」をギターで弾くシーン。

8舞いに来たお父さん(笠智衆)相手に、顔半分をカーテンでに隠し洋服姿を披露し、次々と着替えてファッションショーを行うシーン。

せ犂まじかミコが見舞いに来て、マコが「嘘の嫌いなマーコ、何で嘘ついた」と何度も繰り返すシーン。

う〜ん。何とも切なくて虚しい、でも、実話とのリアリズムに決して他人事と済まされない、そんな現実に対峙させられる作品ですねぇ。また、吉永小百合さんが何とも美し過ぎて。その相手役が何でアイアンキングの浜田光夫さん?と不思議にも思いましたけど(笑)。

それと、耳にしたことのある「マコ…甘えてばかりでごめんネ」との曲は、この映画のことだとはじめて知りました。最近では、ドリカムがカバーしましたよねぇ。

時代背景も含めて、色々考えさせられる映画です。ぜひ観てみてください。がんばります!ではっ!


住みたい街 全国1位は福岡市

ここ数日、福岡市を離れていたので、あらためて福岡市の良さを実感していたところに『住みたい街ランキング福岡市全国1位』とのニュース。

ホント嬉しいですねぇ〜。ずっと福岡で仕事をしてきただけに、誇らしくすら思います。空港は近いし、食べ物は安く美味しいし、オシャレな店がコンパクトに集まっていますからねぇ〜。

これから、もっと打ち出してほしいのが、アジアの玄関口としての福岡市。国際色豊かな新たな展開が起爆剤となり、福岡市がもっともっと発展し続けることを願います。がんばります!ではっ!

松山城

今日は一日、四国に渡り松山で仕事。観光もできずに福岡へとんぼ返りなので、せめてとの思いで、急ぎ夕方閉場まじかの松山城へ。

すると、天守閣からの眺めは見事。夕映えの松山市内が一望、殿様になった気分になって(笑)。最高でしたねぇ。

今度、ゆっくり時間を取って、松山はじめ四国巡りしたいと思います。仕事も上手くいきますように。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

別府冷麺 湖月

今日は、仕事で別府に来ています。ランチは、こちらで大人気の「別府冷麺 湖月」へ。独特のスープにもちもち麺は、最高に美味しかったです。やっぱり、別府はいいところですねぇ。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

豚そば 月や

連休明け、今日のランチは事務所近くのラーメン店「豚そば 月や」へ。

はじめて行きましたけど、これは人気出るわ〜と納得の味。透明な豚骨スープに驚き、味はスッキリで独特なしつこさは微塵も感じません。

また、一緒に注文した焼売は大きく肉汁溢れ、これまた絶品でした。更に、綺麗で清潔感のある店内、配慮ある接客態度。完璧でしたねぇ。

ラーメンにかける思いや拘り、半端ないです。同じ商売人として、見習わないといけません。今日は、ごちそうさまでした。勉強になりました。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

リノベーション

今日は、中古アパートのリノベーション工事、現地立ち合い。やはり、中古物件は築年数が経っているだけに、実際、現場工事をはじめなければ、分からないことも多いです。

ただ、そこは信頼している熟練の業者さん。色々と打ち合わせして事なきを得ました。順調にいきそうです。仕上がり完成が楽しみですねぇ。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

GO TO トラベル見直し表明

ここにきて一日の新型コロナ国内感染者数が2500人を超え最多を更新。これは完全に第3波だと思います。菅首相も、ようやくGO TO トラベル見直しを表明しました。

すると、日々増加する感染者数に反応してか、いつから?どの地域で?具体的には?と矢継ぎ早に急かされています。私は、菅首相の味方ではありませんけど、もう少し待ってやって!と言いたいですねぇ。正確に分析する時間や様々な意見調整する時間も必要でしょうから。

そもそも「GO TO トラベル」は菅首相の肝いり政策だけに、そりゃ簡単に中止とは言えないでしょうし、私の周辺飲食店でも「売上げ回復してきました!」との嬉しい声は耳にしています。ただ、キャンセル料を国が負担するのは違うかなぁ…と思います。そこまで負担すると他業界との整合性が取れませんし、あれもこれもとなると国庫が干上がってしまいます。

基本、自由競争・企業努力に依拠すべき。努力した上で、どうしても少し足らない部分のみ手を差し伸べるのが、私は政府の立場だと思います。結果、淘汰される、これは資本主義社会では仕方ありません。だから、自殺者が増えるとの言い方は、余りにも短絡的だと思いますけど…。

通常生活に戻るには?感染拡大しない為、ひとり一人が考えどう行動するのか?問われています。アメリカ並みに広がるのか?今が分岐点でしょう。「五つの小」「マスク会食」「我慢の3連休」を遵守して、早く安心して暮らせる日がきますように。願います。がんばります!ではっ!

記憶の技法

映画『記憶の技法』試写会観ました。

女子高生の鹿角華蓮、修学旅行の手続きで、自分は養子で旧姓松本、鹿角家には4歳で亡くなった姉がいたことを知る。なぜ養子に出され、なぜ姉は亡くなったのか?華蓮は修学旅行をキャンセルして、青い瞳を持つ同級生穂刈怜と共に出生地福岡へ向かう。そこで、過去の記憶と向き合うこととなる…。

公開前でネタバレになるので、詳細は言えませんが、ポイントは「記憶」。良い記憶はともかく、嫌な記憶にも目を逸らさず向かわないといけないことに気付きます。犯人の息子が「良い記憶を積み上げていけば、いつかきっと…」と言った迷いながらも真っ直ぐに生きようする思いに心打たれました。

実際、里親で子供を迎え、出生を秘密にし子供本人にキッチリ話さなかった為、悩んだりグレたりすることは決して珍しいことではありません。でも、明確な解決策はなく、なかなか一色単に行かないのが現実だと思います。これは、とてもデリケートな問題ですねぇ…。

また、仕事上でも気になったのが近隣トラブル。私も、殺人事件までは無いにせよ、仲裁に入り警察呼んでの対応は数度経験しています。聞けば、殆どがお互いの小さな行き違いが発端。隣り同士、向き合い一歩引いて協調しておけば、そこまで揉めることもないのですが。結局、どちらかが引っ越して治まるケース多いいです。

それと、見慣れた福岡のロケ地には親近感がわきました。JR博多駅、百道浜公園、中洲であい橋、那珂川沿い屋台、西戸崎駅、愛宕神社、城南区役所、ベイサイドプレイス、福岡中央ふ頭等々。福岡の名所が映る度に嬉しかったです。

最後、ハッピーエンドで良かったです。とりわけ、お母さん役の戸田菜穂さんの演技は素晴らしかったです。ぜひ劇場でご覧ください。オススメの映画です。がんばります!ではっ!


買取物件リフォーム完成

今日、買取物件のリフォーム完成しました。これまで担当業者さんと色々打ち合わせして進めてきました。実際に目の当たりにすると感慨深いものがあります。良いご縁がありますように。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

現状回復内装工事

昨日は、これで11月?というほど暖かい一日。依頼していた現状回復の内装工事が終わったとのことで、現地立ち合いしてきました。

細かくチェックしましたけど、う〜ん、一切問題なし。窓枠の剥がれた塩ビシートも完璧に修復。しかも、床ワックスを3回も塗ってくれて、ピカピカ光っていました。

心のこもった仕事に感謝感謝ですねぇ。レアルのモットー「仕事は私事」正にその通り。絶対、入居者にも伝わると思います。良い流れです。がんばります!ではっ!

IMG_9769

新規賃貸物件情報〜朝日プラザ博多轡拭璽潺淵襯好エア

管理物件の新規賃貸物件情報です。博多駅まで徒歩8分、眺望良好角部屋です。広く入居審査しますので、お気軽にお問い合わせください。092-738-7788まで。よろしくお願いいたします。がんばります!ではっ!

IMG_9767


ボヘミアン・ラプソディ

Amazon  Prime Videoで映画『ボヘミアン・ラプソディ』観ました。ラストのライブエイドでのシーンは、涙が溢れてきて止まりませんでした…。


当時から、クィーンはもちろんフレディ・マーキュリーも大好きで、多分、80年代以降のアルバムは、殆どチェックしていると思います。それと、フレディがゲイというのは、既に誰しも知るところでしたけど、曲が大好きなので全く気になりませんでした。

それより、ロックバンドとしては、ポップで親しみやすい曲にフレディの奇抜な衣装とステージが重なってか、他のバンドより少し軽く見られる節がありましたねぇ。とはいえ、日本では何故か大人気でアメリカを凌ぐ勢いでした。

ただ、その裏に、こんな苦悩と葛藤があったとは…考えもしていませんでした。通常の人って、なるべく感情は表に出さないようにするじゃないですか。それをストレートに表現できて、しかも、曲として人に伝えることができる才能。周りとの協調が取れないのは当然かもしれません。でも、羨ましいですねぇ。

日本の尾崎豊もそうですけど、一生のエネルギーを一気に使い切り、結果、駆け足の人生となりました。でも、悔いは残るにせよフレディはフレディ自身を生き切ったと思います。ましてや、後世の人たちに、これだけ聴いてもらえているのですから。

気になるのは、僕ら世代はリアル感でこの映画を観れますけど、果たして、当時まだ生まれていない世代の人たちはどう観るのでしょう。フレディが伝説化してしまうのか?ミネルヴァの梟は黄昏に飛び立つ、になってしまうのか。やっぱり、僕らはもっと過去について語らないといけないですねぇ。

とにかく、感動感激の映画でした。できれば、映画館で観たかったです。今、Amazon  Prime Videoで無料配信しています。オススメです。がんばります!ではっ!

新規物件情報〜久留米市善導寺土地

久留米市街地から浮羽へ向かう国道210号線より北へ曲がって直ぐの物件です。地目は田ですけど、市街化区域内なので届出で地目変更は可能です。広さが500坪以上ありますので、個人住宅には広すぎるので、アパートか事業用かと思います。よろしくお願いいたします。

IMG_9613


Laura Braingan - Self Control

80年代MTV、話題として欠かせないのが、ローラ・ブラニガン『セルフ・コントロール』。当時、余りに過激な内容から一旦放送禁止になった曲。禁止されると逆に見たくなるのが人の心理か、これがヒットへの起爆剤になったと思います。

この曲は、もともとイタリア歌手ラフが歌っていて、そのカバー曲。でも、私はローラ・ブラニガンの方が断然好きです。歌詞の内容はともかく、ポップなディスコサウンド風でとても聴き心地が良いです。MTVを見ても、どことなく80年代の雰囲気が味わえて。しかも、これで放送禁止?今の方がどれだけ過激な分かりません。

ただ、残念なのがローラ・ブラニガンは若くして亡くなったこと。もう随分前に訃報ニュースを見てビックリしたのを覚えています。以前は若くして成功した人を羨ましく思ったりしましたけど。意外とその後の人生は順風満帆といかず、苦難続きだったりしますねぇ…。

吉田松陰先生の『留魂録』にこのようなくだりがあります。

「人というのは、十歳で死んでいく人には、その十歳のなかに、春・夏・秋・冬の四季があります。二十歳で死んでいく人には、その二十歳のなかに、春・夏・秋・冬の四季があります。三十歳で死んでいく人には、その三十歳のなかに、春・夏・秋・冬があります。五十歳で死んでいく人には、その五十歳のなかに春・夏・秋・冬があり、百歳で死んでいく人には、その百歳のなかに、また…春・夏・秋・冬があるのです。」

天寿とは何か?難しいですねぇ…。54歳になっても、未だ答えは出ません…。人生とは、自分と向き合い、自分探しの旅。とにかく日々精進!がんばります!ではっ!

糸島おすすめポイント

以前、宅間孝行さんの舞台に出演しいた福岡糸島市出身の篠田麻里子さん。糸島に帰省したところの「地元糸島おすすめポイント」YouTube動画見ました。

どこも、行ったことのある場所で、あの有名な篠田さんが糸島を紹介している様は、見ているだけでとても親近感が湧きました。とりわけ、糸島ハムのバーベキューは私も大好きで、よく行く場所。帰りに必ずお土産買って。そこも一緒でした(笑)。因みに、ここのビーフジャーキーはイチオシです。

また、のむヨーグルト伊都物語の特売日があるなんて知らなかったです。伊都物語は少し高いのですが、ただ一度飲んだら癖になり、他社商品が物足らないと感じますから。伊都菜彩の伊都物語ソフトクリーム屋さんなんて、いつも行列で中々買えない状態ですので。今度、工場の直売所にぜひ行ってみたいと思います。

仕事上で言えば、実は、今、糸島は大人気。なかなか手頃な物件が出ませんし、多分、隣接する福岡市内から移る人は増えていると思います。できれば、篠田さんに、もっと糸島へ帰ってきて、アピールしてほしいですねぇ…。そして、福岡都市圏が全国区でもっと盛り上がってほしいですねぇ…。動画楽しかったです。がんばります!ではっ!





ピラカンサスの実

実家に帰ってきたら、玄関脇の木に。枝から落ちんばかり、赤々とした沢山の実。きけば、ピラカンサスというそうです。待って待って、ここぞとばかりの存在感。鮮やかでした。この時期、いっときの輝きかもしれませんねぇ。人生も似たようなものです。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

十二単衣を着た悪魔

映画『十二単衣を着た悪魔』の内容云々より「黒木瞳さんの舞台挨拶」があると知人から誘われて、ミーハーにも黒木瞳さん見たさに行ってきました(笑)。

舞台での黒木瞳さん、身体ちっ〜ちゃい。しかも、顔もちっ〜ちゃい。もちろん清楚な美人。テレビでしか見たことない人が目前に。感動でしたねぇ…。

ところで、映画『十二単衣を着た悪魔』の感想ですが、肩が凝らず素直に観れて楽しかったです。源氏物語をこのような視点で見るのは初めて。光源氏の登場シーンは少なく、通常悪役の弘徽殿女御が良い存在感。そこへ現代からタイムスリップした伊藤雷が陰陽師として関わっていく…。あとは、ネタバレになるので劇場で観てください。

ただ、出演の伊藤健太郎さん・伊勢谷友介さんが出演していて、良い演技していただけに…ホント残念です。とはいえ、大好きな女優伊藤沙莉さんがいつもの明るい演技でOKでした。また、監督の黒木瞳さんもお疲れ様でした。次作も楽しみにしています。オススメの映画です。がんばります!ではっ!

博多駅前広場イルミネーション

博多駅に寄ったら、とってもキレイでした〜。博多駅前広場のイルミネーション。みんなバシャバシャ写真を撮っていたので、オッサンが一人で恥ずかしかったのですが、紛れて一枚撮ってきました(笑)。

しかし、気付けば、もう直ぐクリスマスですねぇ…。激動の2020年も残り僅か。多分、後世に「コロナショック」として語り継がれるでしょう。年表の覚え方は、「ツーレーツーレー、コロナショック」と言ったところでしょうか。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

タイ料理店のグリーンカレー

今日は、紺屋町通りのタイ料理店にてランチ。本格的なグリーンカレーでホント美味しかったです。店内を見渡すと、意外にも、女性ひとり客が多いこと。人気店の証ですねぇ。大満足でした。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

フォレストヒルズ由布院

先週、行った湯布院の別荘物件の動画をアップしました。とっても、良いところです。ぜひみてください。よろしくお願いいたします。がんばります!ではっ!

米大統領選 バイデン氏勝利宣言

ようやくバイデン氏に決まったようですが、懸念はトランプ氏が敗北宣言をするかどうか。以前も、ブッシュジュニア氏とゴア氏で大もめした経緯があるだけに、裁判での決着は年越しになるかもしれません。

しかし、日本とはえらい違いですねぇ。レディガガは公然と応援していましたし、入場にはブルース・スプリングスティーンの曲を流したり。単純に目を引きますし、垣根なく政治に関心を持てそうです。反面、日本では松山千春が鈴木宗男氏の応援しただけで「芸能人が政治に口出しするな」と言わんばかりに叩かれる訳ですから。

ただ、一番の心配は、バイデン氏になって日本はどうなるの?ってこと。考えてみると、トランプ氏との言い合いする姿は覚えていても、いざ政策となると具体的なことは言ってないような気がします。菅総理は、日米関係の為か早々に祝意を伝えたらしいですけど。そんなに急ぐ必要はあるのか、ホント不思議です。まるで、デベロッパー達が融資先担当者が変わる度、競って中洲接待をする姿と、何処かダブって映ります。

今、日本は、コロナ禍で第3波を見据えての対応が迫られています。経済と政治は一体。日米関係を占う上で、果たしてバイデン氏が誰を駐日大使するのか?注目ですねぇ。とにかく、世界が手を携え仲良くしてほしいです。戦争することなく。願います。がんばります!ではっ!

ハカタバインミーマーケット

『ハカタバインミーマーケット』で新メニュー「豚肉とレモングラスのバインミー」を食べてきました。これまでのメニューも、もちろん美味しかったですけど。これまた、今まで食べたことのない味で最高に美味しかったですねぇ〜。

行くと、既に数人並んでいて、私が買うと今日の分は後僅かとの事でした。きけば、更なる新メニューを開発中とか…。これで、テイクアウトがはじまったら、恐ろしいことになりそうですねぇ〜。楽しみです!がんばります!ではっ!

FullSizeRender

大濠公園

今、11月5日22:50分、大濠公園に来ています。この時間、誰もいないかと思いきや、結構な人が走っています。みんなすごいですねぇ…。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

留魂録 吉田松陰

最近、注目された正代関の口上「至誠一貫」。これは、中国儒学者孟子の言葉であると共に、吉田松陰の座右の銘でもあります。その時、ふっと思い出したのが、処刑前に書かれた遺言「留魂録」。これまで、少し内容をかじった程度だったので、今回、本を読んでみました。

「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも
留め置まし 大和魂」

冒頭の句は、余りにも有名です。読んでいくと、愚痴のような内容もあり、実に面白いです。ただ、「忠義のために行動を起こす、問題は成果を気にして行動しないことだ」と、大半の人は本音と建前を使い分けるのに。感心するのは、その実直さ。熱さと勢いが半端ないです。

また、印象的だったのが「七生説」。楠木正成を例に肉体と生死を説いています。キーワードは「理」と「気」。これは、唯心的ですけど、現代でも生活に根付いた考えだと思います。反面、「死を恐れない」との意味で、歴史上、上手く利用された感はあります。なるほど…。

門下生の高杉晋作や久坂玄瑞はじめ松下村塾生たちが、明治維新クーデターを起こし、その後の日本を先導した原動力は、吉田松陰の処刑に対する彼らの後悔から起因しているのかもしれません。多分、彼らは常に「松陰先生の足元にも及ばない」と思っていたのではないでしょうか。

NPO法人みらいあんの活動で遺言を薦めています。今回、偉人の遺言として「留魂録」を例に、終活拡大に繋げたいと思っていたのですが、こんなに短い文章にもかかわらず、内容が深過ぎます。あと数冊は解説本を読んでみて、より理解を深めたいと思います。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

福岡警固公園ハロウィン大騒ぎ

満月に酔いしれた同じ福岡の夜に…まさか警固公園でハロウィン大騒ぎしていたとは。ニュースをみてビックリしました。もちろん、福岡人として「恥ずかしい」との思いはあります。ありますけど、ただ、単純に誰が悪い何が悪いというのは安易かなぁ、とも思います。

そもそも「博多んもんは祭り好き」と言うぐらい、年中、大きな祭りがある町で、今年はコロナで軒並み中止ですから。その鬱憤もあったのでしょう。“のぼせもん”が多いですからねぇ。だからといって、決して許される訳ではありません。

また、結果だけを見て、自粛を求めなかった高島市長を責めるのは少し可哀想かなぁ、と思います。渋谷はじめ全国で厳戒態勢の中、福岡人は「節度ある行動をしてくれる」と信じてくれたのだと思います。とはいえ、「政治は結果」全く責任がないとは言えません。

ただ、ここで、はじまるのが…
「だから言ったこっちゃない」
「公園を封鎖せよ」
「警察による警備強化」
でも、これが解決策でしょうか。

私の個人的意見ですが…。今回の事態を受け、ぜひ若人の中で話し合ってほしいです。殆どは感覚的に動いているとはいえ、一旦立ち止まり振り返って「なぜそうしたのか」「原因はなにか」考えてほしいですねぇ。そして、若人の中からリーダーが出てきて、意見をまとめ「自制すべき」となれば、蓋をするのでなく、先ずは信頼して、今後も過度な自粛はしない方がいいと思います。

僕ら世代以上が「若い者が」「未熟」と色眼鏡でみるのは簡単。でも、我々も通ってきた道じゃないですか。いずれは彼らの時代が来ます。そのとき、彼らが「主体的に考え主体的に実践する」よう導くのは、僕ら世代の使命。難題ですけど、「若人の勢いある有り余るエネルギーパワーをどう生かすのか?」課題として、常に頭の片隅に置いておきたいと思います。がんばります!ではっ!

民泊の朝食

今朝は、湯布院の民泊にて朝食。手作り料理で美味しかったですねぇ。大大満足でした。コロナで減った観光客も、徐々に戻りつつあるそうです。全国的に有名な温泉地湯布院ですから、早く活気を取り戻してほしいものです。がんばります!ではっ!

FullSizeRender

湯布院 由布岳

今日は、仕事で湯布院に来ています。そこで、せっかくとの事で、地元しか知らない由布岳絶景ポイントへ。行くと、当初、霧で何も見えなかったのですが…。日頃の行いでしょうか。待っていると、みるみるうちに霧が晴れてきて、見事に由布岳を拝むことができました。ホント絶景でした。私は運がいいのかもしれません。がんばります!ではっ!

FullSizeRender
プロフィール

梅ちゃん

月別アーカイブ
最新のコメント
福岡で中古不動産物件をお探しなら
QRコード
QRコード