8b30dbfe.JPG建蔽率・容積率についての質問がありましたので、簡単に説明します。

よく、物件資料を見ると建蔽率・容積率って言葉が出てくると思います。
平べったい言い方をすると、建蔽率とは、敷地面積に対する建築面積の割合をいい、容積率とは、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合をいいます。
その限度は、都市計画で定められ、それぞれの用途地域等で変わってきます。

言葉が分かり難いですよねぇ。
 
建築面積とは、建物の水平投影面積(上から見た見附面積)をいいますが、気を付けて欲しいのは、屋根のある車庫の一部分や1mを超える軒の部分も含むこと(厳密には、他にも特例あり)。

延べ床面積とは、各階(2階建てなら1階と2階)の床面積の合計をいいます。

いずれも、建物の通り芯(区画の中心線)により計算します。
通り芯は、木造軸組みの場合は柱の中心線、枠組み壁工法の場合は壁を構成する枠組み材の中心線に設定します。
ただし、表示登記の時は、壁の内法(目視面積)で計算しますので、お間違えなく。

大まかには、都市部の住居系地域での建蔽率/容積率の限度は、50〜60%/150〜300%のあいだで、ほとんど定められています。
実際、仕事していての感じでは、福岡では60%/200%の地域が一番多いのではないでしょうか。

建蔽率についての注意点。
都市計画で定められた数値で計算しますが、角地の場合10%加算され、防火地域内で耐火建築物(鉄筋コンクリ−ト造等)をたてる場合10%加算されます。
角地、防火地域の耐火建築物の両条件を満たす場合は20%の加算となります。
ただし、角地では幅員がそれぞれ6m未満の道路が交わる角地は、敷地の隅を頂点とし底辺2mの二等辺三角形の部分を道路上に整備しなければいけません。

次に、容積率についての注意点。
都市計画図において200%や300%と定められていても、敷地前面道路幅員が12m未満の場合は、道路幅員による計算値と比べ、少ないほうの数値を容積率の限度とします。
住居系地域では、前面道路の幅員(m)×0.4 となっています。(商業及工業系では×0.6)

例えば、容積率限度200%、前面道路4mの敷地では 4m×0.4=1.6 となり、容積率限度は160%となります。
また、前面道路が6mの場合では、6m×0.4=2.4となるので容積率限度は200%のほうで計算します。

この他にも、いろいろ法律の規定がありますので、個々のパターンについては、詳細はお電話でもメールでもTBでも構いませんので、ご相談下さい。

PS:先日、物件調査で家を見に行きましたら、庭に一本だけ桜の木が植えてあり、見事に綺麗な花を咲かしていました。
「私、ここに居るわよっ!」と言わんばかりに。。。