今日、お客様より「瑕疵担保責任」について質問がありましたので、簡単に説明させて頂きます。

「瑕疵担保責任」とは、売買の目的物に隠れた瑕疵(キズとでも、言ったらいいでしょうか。)があった時に、売主が買主に対して負う責任の事。

例えば、契約・決済も終わり、入居した後に「建物にシロアリが付いてた。」などの瑕疵に気付く、って事が考えれる訳でしょ。
そんな時、買主は、売主や仲介業者に対して「欠陥住宅を掴ませやがって!」と思うでしょう。

「瑕疵担保責任」とは、そんな時の対処を、事前に法律で決めているのです。

簡単な内容を記します。
’禺腓惑篌腓紡山嫁綵の請求ができる。
∇赱咾琉戮法契約の目的が遂げられなかった時は、契約を解除できる。
その期限は、平成12年4月に住宅品質確保促進法が施行され、新築住宅の基礎構造部分において10年保証が義務づけられた。

の背景としては、これまでも、民法や宅地建物取引業法において決められてきましたが、売主が宅建業者なら最短で2年など、一生の買い物に対してはあまりに短く、報道等で、欠陥住宅がクローズアップされた経緯があります。
つまり、買主はより保護され、買主は危険負担が増えた訳です。

でも、ご安心下さい。
ほとんどの宅建業者は、事前にしっかり調査して物件化してますから。
私もこの業界ながいですが、今まで一度も、瑕疵担保責任が原因で、トラブルになった事はありません。

まだ、詳細はいろいろあるのでが、詳しいご相談等はメール・FAX・電話で受け付けます。
お気軽にどうぞ。

せっかく、お住まいを購入頂いたのに、後で後悔して欲しくないですから。
我々は“夢実現のスマイル提案”がモットーです。